Loading the page...

Split BoB

 

Split BoBが『夜遊びプレゼンス』から約2年半振りとなるミニアルバム『オヒレフシメ』を完成させた。2016年はライブやレコーディングに駆け抜けた彼女達。活動の幅、バンドの視野が広がったことで大きく成長したSplit BoBの集大成ともいえる今作は「これぞSplit BoB!」な中毒性のあるメロディーと現代進行形のロックサウンドが掛け合わさった唯一無二な音が詰め込まれている。高校卒業時に制作された名曲「forget-me-not

の続編ともいえる「サクラミチ」では時間の経過と彼女達が新しいステージに立っていることを再確認させられハッとする。音楽を通して彼女達の成長を感じることが出来るのはとても幸せなことだと思う。これからもその時その瞬間を歌っていって欲しいとアルバムを聴きながら強く思った。

 

Q.結成当初は岡崎での活動が中心でしたけど近年では他県での活動もかなり増えましたよね。

こはる:東京に沢山行くようになりましたね。

さとみ:バンドとしての視野が広くなったんだと思います。

なつみ:考え方も変わったよね。

ゆり:前はガールズバンドってことにコンプレックスがあったし、「女の子が男勝りなロックをやってる

って見られ方をするのが嫌だったんです。でもそういう気持ちもなくなって。

 

Q.それは何かきっかけになることがあった?

こはる:東京でライブを頻繁にやるようになって、かっこいいガールズバンドに沢山出会ったことが大きいです。ガールズバンドであることを恥じたり男性に勝つとかじゃなく、逆にガールズバンドであることが武器になるんじゃないかって気付いたんです。

 

Q.そういう意識の変化は自信となって曲に出ていますよね。CDを再生した瞬間に飛び込んでくる「なんでなんでなんで」のイントロから自信に満ち溢れている。Split BoB節が炸裂しているというか。

なつみ:嬉しいです。

ゆり:あのイントロはよく「Split BoBらしい」って言われますね。

 

Q.大人になり社会に出てルーティーン化された毎日に対する不自由さや葛藤が歌われていて。

こはる:まさに葛藤ですね。毎日の生活を繰り返す中で変わりたい自分がいて、変わる為に飛び出したのに何も変わらないことに対するモヤモヤを歌いました。

 

Q.「pop my color」はバンドとして、大人としての成長を感じる曲でした。

なつみ:「pop my color」は自分たちの周りにいる人を支えたい、助けたいって気持ちで書いた曲なんですよ。

あゆみ:優しい曲になったと思いますね。

こはる:自分達のことを歌うんじゃなくて、誰かの為に歌った曲ですね。

あゆみ:やっていて気持ちも入るし、伝えたい気持ちも強くなったし、聴いていて自分も元気になる曲になったと思います。。

 

Q.そして「ムリヤリコミュライフ」ですが、これはメンバー全員がやりたい放題やっているのが凄く良い。

ゆり:凄い。よく気付きましたね(笑)。

さとみ:全員やりたいことやりまくってるもんね(笑)。

ゆり:ドラムのリズムもやったことがないものをやりたくて作ったんです。

あゆみ:私は祭り囃子のようなリズムがかっこよくて、そのドラムに寄り添うようなベースを弾きました。

なつみ:ギターは疾走感を意識していますね。

さとみ:音色もリズムもかなり拘りました。この音色、このリズム、このフレーズだからこそこの曲の色が作れたと思っています。

 

Q.歌もリアルですよね。そのままSplit BoBの5人を歌っているような。

こはる:性格が滲み出ていますよね(笑)。私達そのものだと思います。だから歌っていて感情的になるんです。

 

Q.「サクラミチ」は高校生の頃に歌っていた「forget-me-not」の主人公が大人になった姿を描いている気がしたのですが。

こはる:まさにあの曲の続編のイメージですね。「forget-me-not」は高校卒業の頃の別れと新たな出会いを歌った曲だったんですけど「サクラミチ」は社会に出て新しい舞台に立つ覚悟を歌っています。

 

Q.今だから歌える曲ですよね。

こはる:逆に「forget-me-not」が歌えなくなってきたかもしれない。その中で出来た続編なので。

 

Q.そうやって大人になっていくことは「Wisteria」でも感じました。

ゆり:これはピアノがメインのバラードなんですけど、私達はライブが攻め攻めだから、こういうバラードもライブの定番としてあったらいいなと思って作りました。

 

Q.Split BoBの作品はいつもそのときの自分達が投影されているので成長を追っているような気になります。

こはる:いつもそのときそのときの最高なものを作ってきたつもりですけど今回は胸を張って最高傑作だって言えるものになりました。昔はかっこつけてた部分があると思うんですよ。尖っていた時期もあしますし。音階も「FLY HIGH LIAR」とか激しい曲もありますけど、全体的に大人になったロックがやれていると思いますね。

なつみ:今までは自分達のことしか見えてなかったけど今作は周りへの感謝を形に出来たアルバムになったと思っています。

ゆり:あと挑戦することに恐れなくなりましたね。大人になった証のアルバムだと思う。本当に自信作です。

 

Q.『オヒレフシメ』というタイトルはどういう意味なんですか?

こはる:魚が動く為に尾ひれを動かすように、自分達の節目節目を自分達で動かしていくっていう意味を込めました。節目節目で新しい自分達を見せていけたらなって思っているので。このアルバムが出来たことでSplit BoBらしさが自分の中で確立したのでもうブレないと思いますね。

 

 

アーティスト名:Split BoB

タイトル:オヒレフシメ

2017年1月11日 発売

■初回限定盤【CD+DVD】¥2100 (税込)

NQKS-1014/15

 

 

 

 

 

 

 

■通常盤【CD】¥1620 (税込)

NQKS-1016

 

 

 

 

 

LIVE

Split BoB ONEMAN TOUR 2017「オヒレフシメ」

2.03(金)大阪・心斎橋 RUIDO

2.19(日)愛知・名古屋 Heart Land

3.25(土)東京・渋谷 eggman

 

メンバー

こはる(Vo、Gt)なつみ(Gt)さとみ(Key)あゆみ(Ba)ゆり(Dr)

※掲載順

あゆみ(Ba)なつみ(Gt)こはる(Vo、Gt)ゆり(Dr)さとみ(Key)

 

LIVE

「オヒレフシメ」リリースパーティー ムリヤリコミュマツリ2017

2017. 01.14(土)東京・渋谷 CLUB CRAWL

Split BoB ONEMAN TOUR 2017「オヒレフシメ」

2017. 02.03(金)大阪・心斎橋 RUIDO

2017. 02.19(日)愛知・名古屋 Heart Land

2017. 03.25(土)東京・渋谷 eggman

 

http://wish-japan.co.jp/splitbob/

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>