Loading the page...

THE BOY MEETS GIRLS

 

「誰も一人ぼっちにしない音楽」を掲げ活動するTHE BOY MEETS GIRLSが前作『OTONARI BENTO BOX』より約1年振りに放つ圧倒的自信作『YAAAAAS!!』を完成させた。「ヤッター!」「超ヤバい!」「最高」などを表すスラングである「ヤース」を冠した今作はメンバー全員がボーカル、コーラス、ラップにも挑戦するなどバンドの新たな魅力も開花しており、全員が口を揃えて「自信作」と語るようにどの楽曲もそれぞれが主役級のまさにヤース!な作品となっている。バンドの状況の変化に悩んだこともあったという彼らがその壁を乗り越え自信満々に叩きつけるオールA面ミニアルバムについてメンバーに話を訊く。

 

Q.前作『OTONARI BENTO BOX』リリースから約1年振りのリリースとなりますがこの期間はバンドにとってどのような1年でした?

中野:とにかくライブをしていましたね。

高島:去年の4月からレーベルに所属して色んなことが変化しました。自分達だけでやっていたときとは何もかも違って、今までやれなかったE.L.LやZEPP NAGOYAのような大きなステージに立たせてもらったりフェスに呼んでもらう機会も増えて充実した活動をさせてもらいましたね。でもその反面、着いていくのに必死になり過ぎて自分達の芯を見失いそうになった時期もあって苦悩の年でもありました。

 

Q.ステップアップしていくことと環境や状況が変化していくことの間で悩んだ時期だったと。

高島:そうですね。でも去年の末くらいからそれじゃ駄目だって思うようになってメンバー全員の意識が変わったんですよ。ちょうど今回のアルバムの制作に入るくらいのタイミングでしたね。

 

Q.それもあってか、今回のアルバムは攻めていますよね。今までのバンドの持ち味はそのままに、更に色んな挑戦をしているなって。まずコーラスが大幅に増えた気がします。

高島:前よりライブを意識するようになったんですよ。やっぱりお客さんに楽しんでもらいたいのでライブで一緒に歌えたらいいなって。それで今回はメンバー全員でコーラスをすることにしたんです。

DOMESTICKS:まえは基本的には大ちゃん(高島)がコーラスをして僕らはガヤ的な感じのコーラスしかしてなかったんですけど今回は僕も3曲フルコーラスしていますからね。正直苦戦しましたけど(笑)。

中野:コーラス録りは大変でしたね。「ダンシングシューズ」のサビは全員で歌っているんですけど僕にはキーが高くて何度も歌い直しました。

DOMESTICKS:苦戦した曲は何時間もかかったよね。僕はレコーディング最終日の最後の最後までコーラスを録っていましたし(笑)。でも凄く良い経験になったし自分の声がCDに入るのは凄く嬉しいですね。

 

Q.かつくんは今作でラップも披露していますね。

かつくん:「スベスベマンジュウガニは静かに笑う」の低い声でのラップとか自分でも面白かったですね(笑)。「ダンシングシューズ」のデュエットは凄く練習したんですけどラップは一瞬で録り終わりました(笑)。

高島:プロデュースしてくれている滝さん(9mm Parabellum Bullet)にも「いいねえ!」って言われてたもんね(笑)。ちょっとわんぱく感もあるし(笑)。

 

Q.「スベスベマンジュウガニは静かに笑う」のMVでそのわんぱく感は出ていましたね。わんぱくというか悪ノリというか(笑)。

高島:あははは。

かつくん:真面目にやってもTHE BOY MEETS GIRLSらしくないなって。なのであのMVはそこがキーになってます(笑)。

 

Q.今回のかつくんのラップもそうですけど、THE BOY MEETS GIRLSというバンドは面白いと思ったものややってみたいことをバンドに持ち込んでも受け止められる土壌があるのが凄いですよね。何をやってもちゃんとTHE BOY MEETS GIRLSになるっていう。

かつくん:今回「スベスベマンジュウガニは静かに笑う」でツービートもやってみたんですけど、やる前はどうなるかなって思っていたんです。でも出来上がったらTHE BOY MEETS GIRLSでしかなかったですからね。

 

Q.それは大ちゃんの歌詞が大きいかもしれませんね。「スベスベマンジュウガニは静かに笑う」のようなへヴィな曲とは真逆のベクトルの歌詞が乗ることでTHE BOY MEETS GIRLらしさが一気に出るというか。良い意味での歌詞と曲の相性の悪さが持ち味だったりするじゃないですか。

高島:そうなんですよ。あまり素直にいきたくないんですよね。

かつくん:「SUSHI☆ZANMAI」とかもそうですよね。音と歌詞のギャップも僕らの個性っていう(笑)。

 

 

Q.そもそもスベスベマンジュウガニって何ですか(笑)。

高島:スベスベマンジュウガニは蟹の種類なんですけど、存在は小学生の頃から知っていて。見た目がスベスベで可愛い蟹なんです。でも見た目の可愛さとは違って毒を持っているんですよ。綺麗なものに棘があるというか。なのでこの曲では見た目で判断しちゃ駄目ってことを歌いたかったんです。

 

Q.天下一武道会でもヤムチャはシェンの見た目に油断して負けましたからね。

DOMESTICKS:あははは。懐かしい(笑)。

 

Q.ちなみに毎度のことだとは思いますがメンバーは大ちゃんから「スベスベマンジュウガニ」というワードを初めて聞くときはどんな反応をするのですか?

中野:まずは「また出た」って思いますね(笑)。

DOMESTICKS:実は3年前くらいにそのワードを大ちゃんの口から聞いているんですよ。「いつかスベスベマンジュウガニで曲を作りたい」って車の中で言ってて。それで今回のアルバムを作るタイミングくらいでもう1回言ったんです。だから「これ、くるな」って思ったら案の定でした(笑)。

高島:そんなこと言ってた?

DOMESTICKS:言ってたよ(笑)。毎回びっくりはするけど免疫もついたので今はもはや楽しみですけどね(笑)。

 

Q.「スベスベマンジュウガニ」って大ちゃんが考えた言葉だと思ったら実在するんですね。

かつくん:それ、お客さんからも言われました。でもそう言われることに大ちゃんは憤慨していて(笑)。

高島:ちゃんと存在を知って欲しいんです。スベスベマンジュウガニの。(一同爆笑)

 

Q.そんな歌詞とは裏腹に曲調はTHE BOY MEETS GIRLS史上最も激しい曲ですよね。

高島:僕はメロコアも好きだし、POTやENTHのライブを見てて「俺もやりたい」って思ったんです。それで曲に落とし込んだのがこの曲なんですよ。

 

Q.「やってみたい」という意味では「ダンシングシューズ」はバンドでジャニーズをやってみたような曲ですよね。

かつくん:凄い、よく分かりましたね。まさにジャニーズを意識した曲なんですよ。

 

Q.デビュー前のKinKi KidsがSMAPの前座で歌っていた頃のジャニーズソングっぽいです。「たよりにしてまっせ」とか。

高島:「A album」に入っている曲ですよね。

中野:でも本当にイメージはそのままな気がしますね。

高島:僕、ジャニーズは小学生の頃から好きでダンスとかもやってみたいなって思ってたんですよ。今でもジャニーズの曲は聴きますし。それでかつくんと歌ったら面白いかなって。

 

Q.「202」のような曲とのギャップが凄いですよね。「動物ディスコフィーバー」や「おさるのジョニー」でTHE BOY MEETS GIRLSを知った人には新鮮かもしれないですけど、こういう切ないラブソングもTHE BOYMEETS GIRLSの大事な要素のひとつだなって。

高島:そこをちゃんと見せたかったんですよ。こういう曲も僕らの大事な一面だよって。

かつくん:曲を作ると自然とこういう切ない曲が出来るんですよね。

高島:メンバーとはずっと友達なので、こういう失恋ソングを書くと恥ずかしいんですよ。全部知ってるので(笑)。

 

Q.特定の誰かの顔が浮かぶんですね(笑)。

中野:「君にあげたあのテレキャスター」って歌詞が出てくるんですけど、そのテレキャスター知ってますからね(笑)。

高島:リアル過ぎて歌いながら泣きそうになります(笑)。

 

Q.「君が使うヘンテコな喋り方がいつしか移って僕のモノになってしまった」は名言ですね。これめちゃくちゃ分かります。

高島:方言とか気付かないうちに移ってますよね。何気なく喋った言葉が「これあの子の言い回しだな」みたいな。

 

Q.2人にしか分からない言葉とかありますよね。

高島:ありますね。作った単語とか。

 

Q.ではひとりずつ発表していきましょうか。

中野:あははは。

DOMESTICKS:エモイなあ(笑)。

 

Q.同じ失恋ソングでも「アンドロメダ」は「202」とはまた違いますね。

高島:「アンドロメダ」は好きって言えなかった後悔の曲なんですよ。とっくに過ぎたことだし普段は忘れてるんですけど何となくふと思い出すことがあって。あのとき好きって言ったらどうなったかなって思い返すことがたまにあるんですよね。

かつくん:まさかの実話(笑)。

高島:僕、通っていた塾に好きな子がいて。

かつくん:うわ!リアル!

高島:夕方、塾の屋上で一緒にお菓子を食べながら喋ってたときにその子が「私、好きな人がいるんだけど」って相談されたんです。その子は僕が彼女を好きなことを知らないで相談してきたんですよね。あのときの気持ちを歌に残しておきたくて作ったのが「アンドロメダ」です。あのときは辛かったけど大人になってこうやって曲に出来て良かったです。

かつくん:今なにしてるんだろうね。

高島:全然分からない。なにしてるんだろう。

中野:今日の夜Facebookで調べるんでしょ?(一同爆笑)

 

Q.この曲の次が「スベスベマンジュウガニは静かに笑う」ですからね。異次元ですよ。

DOMESTICKS:あははは。

高島:感情が忙しいですね(笑)。

かつくん:その次は「きみいろクレヨン」で夢を歌ってますからね(笑)。

 

Q.「きみいろクレヨン」は本当に良い曲だと思いました。子供達に自由に夢を見て自由に育ってほしいなって。

高島:僕は普段保育園で仕事をしているから子供と近い距離にいるんですよ。子供達ってやりたいことに真っ直ぐなんです。大人になると、夢を追うことや人と違うことをするのって周りの目を気にしちゃうじゃないですか。でも子供って真っ直ぐなんですよね。あの気持ちを大人になっても持っていたいと思って書いた曲ですね。

 

Q.今回のミニアルバムはオールA面ということですが見事にバラバラですし5曲が5曲とも主役ですよね。『YAAAAAS!!』というタイトルにもその自信の表れは出ていますし。

高島:あのタイトルはスラングなんですけど「超やばい」とか「最高」って意味があって。今までのアルバムは温泉とか弁当とかコンセプトがあったんですけど今回は4人の今の気持ちを反映させたものにしたくて。前作から1年間、苦悩の日々を送りながらも前を向いてやってきて、今から更に勢いをつけていきたい気持ちを『YAAAAAS!!』という言葉に込めました。

かつくん:今回、リード曲が選べなくて全部A面にしたんですけど、それくらいどの曲にも僕らの気持ちが音に乗ってるので早く聴かせたくてウズウズしていました。本当に自信作です。

中野:自信が演奏にも出ていると思いますね。各々がやってこなかったことにも挑戦しているし、それが出来たことが自信に繋がっているので、現時点での最高傑作だと思います。

DOMESTICKS:個人的にもベースで色んなことにチャレンジ出来たアルバムなんですよ。今回ほぼスラップでやったり「アンドロメダ」はシンセベースとエレキベースを使い分けたり。苦戦もしたけど色んな挑戦を形に出来た作品なのでベーシストとしての自信も付いたアルバムになりました。

高島:自信を持って聴いてもらえるパワーのある作品になりましたね。

 

Q.凄い。みんな自信って言葉が出てきましたね。

高島:本当ですね。でも全曲A面にしたのは自信の表れでしかないですから。

かつくん:総意でそう思えたのも自信に繋がりましたしね。

高島:そうだね。本当に良い作品になったので沢山の人に届けたいと思っています。

 

 

バンド名:THE BOY MEETS GIRLS

タイトル:YAAAAAS!!

SZNG-003

¥1,500(+税)

2017年4月12日発売

 

メンバー

中野翔平(Gt)高島大輔(Vo、Gt、Key)かつくん(Dr)DOMESTICKS(Ba)

 

LIVE

YAAAAAS!! TOUR 2017"

7月7日(金)新代田FEVER

7月9日(日)名古屋 ell.FIT ALL

7月15日(土)心斎橋Music Club JANUS

 

http://theboymeetsgirls.com

 

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>