Loading the page...

UPANISAD

 

三重発ミクスチャーバンド、UPANISADが前作『DRASTIC ATTRACTION』より実に6年ぶりとなるミニアルバム『MAVERICK ATTITUDE』を同郷のat Anytimeが主宰するBLACK JACK RECORDSよりリリースする。"HELLPOP"を掲げ活動する彼らの楽曲はありとあらゆる音楽やカルチャーを飲み込んだ本来の意味でのミクスチャーを体現しており、固定観念を取っ払った対バンやイベント主催で地元である三重に根付いた活動を続けている。仕事と家庭と音楽の共存。彼らにとってライフワークとしてUPANISADがあることは音源やライブから感じることが出来るだろう。6年ぶりの音源を完成させたUPANISADに話を訊いた。

Q.6年振りのリリースとなりますが、この6年間はどんな期間でした?

SATTA:この6年間で結婚したり子供が生まれたりメンバーの生活環境が変わりまして。そんな中で、家族の理解もあって自分達のペースでライブ活動は止めずにやってこれたのは良かったかなと。

 

Q.バンドと生活が共存していると。

SATTA:そうですね。実際は月に1本か2本くらいしかやってないんですけどSNSで発信し続けることで動いている感じも出せるじゃないですか。それが意外と大きい気はしますね。

 

Q.今作の曲作りはいつ頃から行っていたのですか?

SATTA:曲自体は6年前から作っている曲もあればレコーディング直前に作った曲もあります。結構難産なバンドなので曲が出来るのはゆっくりですね。

 

Q.UPANISADの楽曲は様々な音楽、カルチャーのクロスオーヴァーから生まれていると思うのですがみなさんのバックボーンはどういった音楽なのですか?

SATTA:僕は完全にBOØWYですね。世界で一番大好きです。

ken:僕はメタルです。そこからミクスチャー、クラブミュージックと流れていきました。

SINZI:僕はTHE BACK HORNです。あとは昭和歌謡とかEGO-WRAPPIN'も好きです。

KG:僕も完全にBOØWYですかね。

SATTA:嘘つけ!(一同爆笑)

KG:あははは。僕は何でも聴きますけどバンドをやる上で影響を受けているのはやっぱりHi-STANDARDですね。それでSATTAとも繋がったので。

SATTA:僕ら、全員中学の同級生なんですけど、もろAIR JAM世代なので。

KG:最初は『PUNK-O-RAMA2』だよね。めちゃくちゃ影響受けた。

SATTA:あとはヌンチャクにも衝撃を受けましたね。

 

Q.なるほど。UPANISADのミクスチャー感は確かにあの時代を現在にアップデートしている感じがあるんですよね。曲はどのように作っているのですか?

SATTA:メンバー全員が曲のパーツを持ち寄って曲にします。なのでそういう意味でのミクスチャー感はあると思いますね。あとうちは絶対に曲をボツにしないんですよ。みんなが持ってきたネタは必ず練って形にします。あと音源を作る上で一番意識しているのはライブですね。

 

Q.アルバム冒頭の「Our popular is…」からいきなりライブ感凄いですからね。

SATTA:自分達もライブをよく観に行くので自分がフロアにいて楽しい空間をイメージして曲を作るんですよ。ライブでみんなで歌いたいからキャッチーなコーラスを意識したり。

 

Q.「Wannabe」のコーラスとか凄くキャッチーですもんね。

SATTA:まさに。結構ポップさは大事にしていますね。

 

Q.「R.I.P」とかめちゃくちゃ重いしゴリゴリだけどポップさは感じますからね。ギターのリフも印象的ですし。

SATTA:サザンロック的な要素やパンテラっぽさがありますよね。この曲は自分達の中でも新境地で、ここまでテンポの遅い曲はなかったのである意味冒険なんです。90年代好きな大人に刺さって欲しいですね。

 

Q.そういう意味では「Mr.SELLOUT」や「FAITH OF LOCAL」のS.O.D感やGMF感はめちゃくちゃ刺さりましたよ。

SATTA:その2バンドは僕も大好きなので嬉しいです。GMFはDEVILOCK NIGHTで観て骸骨マイクに憧れましたから(笑)。あとはGRUBBYとかにも影響は受けていますね。

 

Q.あの時代のクロスオーヴァー感は「SCREAMING MYSELF」のダブミックスにも現れているなと。

SATTA:こういうのもミクスチャーバンドの醍醐味かなって。色々やってみたくてレゲエやダブを取り入れてみました。DUB4REASONの影響もありますね。

 

Q.「Under the moonlight」の歌にも驚きました。めっちゃ歌ってるなって(笑)。

SATTA:あれは自分でもかなり冒険したなって思ってます(笑)。自分の中ではかなり新しいものになったと思います。と言っても6年前からある曲なんですけど(笑)。

 

Q.色んな時期の曲を1枚に落とし込んだものを自身で聴いてみていかがですか?

SATTA:未開の地に踏み込んだアルバムだなって(笑)。勿論自信のある作品になったので聴いてくれた人がどう評価してくれるか楽しみですね。

SINZI:1stはライブで表現できないようなこともやっていたんですけど今作はライブを意識した作品になっているのでライブで聴いて欲しいですね。あと今回は曲を作りながら歌詞のイメージを膨らませてSATTAに注文した曲もあって。

SATTA:「30secounds,30generation」は「30秒の曲を書くからそういうテーマで書いてくれ

って言われて書いた曲なんですよ。

SINZI:曲を作ってる段階でミュージックビデオも浮かんでいたので形に出来て良かったです。

 

Q.今作は三重の盟友であるat Anytimが主宰するBLACK JACK RECORDSからのリリースですが。

SATTA:at Anytimは10年以上前からずっと一緒に地元の三重で鎬を削ってきた仲間でありライバルだし、仲間ではあるけど馴れ合いなんて一切ないので、よりお互いの強さを増すためにこの形を選びました。「Mr.SELLOUT」には同郷のFACECARZのTOMOKI君もゲストで参加してくれていますし、三重の仲間と作り上げたもので勝負したいですね。

 

バンド名:UPANISAD

タイトル:MAVERICK ATTITUDE

2017年3月29日発売

1500円(+税)

BJR-06

 

メンバー

SATTA(Vo)

SINZI(Gt)

KG(Ba)

ken(Dr)

※掲載順

ken(Dr) SATTA(Vo) SINZI(Gt) KG(Ba)

 

LIVE

2017.3.25(sat) at 鈴鹿ANSWER

 

https://upanisad.jimdo.com/

 

2YOU MAGAZINE編集部

〒453-0837 愛知県名古屋市中村区二瀬町153 ニルヴァーナ101号室

Tel: 052-485-5993

e-mail:info@2youmag.com

Copyright(C) 2015 2YOU MAGAZINE All rights reserved
>